スキンケア

アラフォーのスキンケアはプチプラでもOK?月々1.000円以下でも問題なし!

困ったさん
アラフォーともなるとこれまで使っていたスキンケアが物足りなくなってきた。でもスキンケアにお金をかけたくない。安くても効果のあるスキンケアはないのかな。

 

スキンケアにかけられるお金には限りがあるもの。できれば安いに越したことはいけど効果がちゃんとあるものを使いたい。

アラフォーにもなるとスキンケア代も跳ね上がりそうで不安になりますよね。

年齢肌にあったものを使うとそれなりに金額がしてしまいお手入れを諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで、プチプラなのに効果の高いスキンケアをお披露目しちゃいます。

いま、毎月スキンケアにいくらかけていますか。

実は1.000円以下でもじゅうぶんに効果もありますし、プチプラでも今より。肌改善もできます。

プチプラでも効果はある?

一番の問題がプチプラでもちゃんと効果があるのかどうかですよね。

はっきり言ってしまえばプチプラだってきちんと効果はあります。むしろ、高い化粧品よりプチプラのほうが良かったなんてことも。

有名なのがニベアの青缶。ニベアの青缶が某有名なスキンケア商品と似た成分が配合されていることから人気となりましたが、プチプラでも効果が高いと評判です。

このように、高いスキンケア商品と似た成分、または同じ成分が入っているのにプチプラで売られているものはたくさんあります。

ただ、成分は同じでも成分の含有量が違うことが金額の差に出ているともいえます。

しかし、ニベアのように高評価のものはたくさんあるので必ずしも高いスキンケア商品がいいわけではありません。

また、ブランドだからただ単に高い場合もありますし、広告費にお金をかけないで良いものを安く提供しているところもあります。

プチプラだから期待できないと思いこまず、安いからとりあえず試してみようと気軽なきもちくらいでいましょう。

それで効果があったら毎月かかるスキンケア代を減らすことができるかもしれません。そしたらその分、美味しいもを食べたり自分へのご褒美を買ったり他にお金を使えちゃいますね。

 

高価だから良いとは限らない

必ずしも高いから肌にいいとは限りません。

実は化粧品のベースの90%は水・保潤剤・界面活性剤(水分と油分が分離しないようにするもの)でできています。残りの10%が有用成分・防腐剤でできています。

高いスキンケア商品でも安いスキンケア商品でも90%は同じものでできていると思ってください。ほぼ同じなのに高い化粧品と安い化粧品の金額の差がすごいことに驚きますね。

この金額の差は保潤剤や有用成分の差とは言われていますが、有用成分がどのくらい入っているのかまでは明記されていないそうです。

それってなんだか納得いかないです。

しかし、外箱に書かれている成分の表示を確かめることでどの成分が多く含まれているのかが分かるんです。

それは、「配合量が多い順に記載する」というルールがあるからです。

例えば某メーカーのヒアルロン酸入りの化粧水の表記はこのようになっています。

水、グリセリン、BG、メチルグルセス-10PEG-32、ソルビトール、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、リン酸アスコルビルMg、プラセンタエキス、ユビキノン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)1.2-ヘキサンジオール、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、クエン酸、クエン酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、メチルパラベン、フェノキシエタノール

ほとんどの化粧水が水・グリセリン・BGではじまっています。そのベースが90%も占めていてあとの10%の有用成分はどのくらい入っているかがはっきりと分らず、高いだけで良い、と考えるのは間違えです。

高いか安いかで判断するのではなく、自分の肌に合うかどうかが大事だということです。

 

100均でも優秀アイテムを発見

この間100均に行ったところとても気になるスキンケア商品を発見してしまいました。

それは「オーガニック」と書かれたスキンケア商品たち。

左からクレジング、化粧水、美容液、クリームとなっています。

「オーガニック」の言葉に弱い私は100円だし効果なくても捨てればいいや、くらいの軽い気持ちで購入しました。

使った結果

《クレジング》

クレジングはジェルっぽくて伸びはとても良くメイクもスルスル落ちました。

使用前

使用途中

使用後

洗い流した後はとてもしっとり。しかも小鼻の黒ずみがとれたんです!!今まで何をしても取れなかった小鼻の黒ずみが少なくなってきたんです。

百花
100円でこの仕上がりには感動です。リピしたいくらい。今度買いだめしておきます。

 

《化粧水》

テクスチャーとしては普通の化粧水と変わりなくバシャバシャ使えます。浸透力は元々導入美容液を使っているのでしっかり染み込みました。その場では保湿されてるなと感じたのですが、しばらくすると肌が乾いてしまいこれだけで物足りなさを感じてしまいました。超乾燥肌の私は潤いを感じられませんでした。もしかしたら夏場には良いのかもしれません。

百花
使いきるまでは他の化粧水と併用して使いますがリピはないかな。

 

《美容液》

トロッたしたテクスチャーの美容液です。化粧水と同様物足りなさを感じました。安いからとたっぷり使ったら顔がテカテカになってしまいました。浸透しきれなくてら顔に残ってしまったようです。

 

百花
もったいないので寝る前に足のかかとにたっぷり塗って保湿してます。手にもついでに塗り塗りすると翌朝はスベスベに。100円だから手足用にリピしてもいいかも。

 

《クリーム》

テクスチャーはサラサラとしたクリーム。スキンケアの最後に使ってみたところまずまず良かったです。それはその前に使っているスキンケア商品の保湿力が高いからであって、100均オーガニックシリーズをライン使いしたら私の肌は潤いが全く足りません。クリームを使う時はお気に入りのスキンケアを使った後なら蓋をしてくれる役目としてはアリです。

 

百花
クリームもハンドクリームとして使うことに。美容液・クリームを手に使うようになって、手の甲の小じわがツルんとしてきました。顔に使うのには物足りないのに、手に使ったら翌朝しっとりでびっくり。ただ単に超乾燥肌だから私には足りないけど普通肌の方は潤いを感じるかもしれません。手足の念入りなケア商品として美容液とクリームはリピさせてもらいます。

 

1000円以下で私が使う絶対外せないプチプラアイテム

私もどちらかというと安くて良いものを使いたいタイプで、とにかくトライアルを試して試して本当に安くて良いものを探し続けてきました。

もちろん失敗したものもたくさんありますが、毎月1.000円以下で済むプチプラアイテムで絶対に外せないものもあります。それらをご紹介します。

ファンケルクレンジングオイル(クレジング)

定価:1.800(2ヶ月分)

メイクがスルスル落ちるの荒い流したあとは潤いが持続。ツルスべ肌になれるので欠かせません。

 

ポンズホワイトビューティ(洗顔)

定価:100

ポンズが100円で売ってるってまずビックリしました。洗顔後はくすみがとれて透明肌になれます。しかも潤いがすごい!私はこれでカラダも洗ってます。ひざ・ひじの黒ずみも薄くなって2度ビックリ!常に常備しているほと愛用。

 

ちふれ ウォッシャブルゴールドクリーム

定価:650

メイク落としだけどマッサージクリームとしても使えるので主にマッサージ用として使用。リフトアップ用に顔にたっぷり塗ってカッサでマッサージしてます。洗い流したあとはしっとりもっちりです。たるんだお肌のリフトアップ時に使うのでずったリピしてます。

 

無印 導入化粧液

定価:1.290(23ヶ月分)

化粧水の前に使うとその後の化粧水の浸透具合が全然違います。なかなか浸透しない化粧水でもグングン染み込んでいくのでないと困るほど。

 

KISO ビタミンC誘導体パウダー

定価:1.218

自分でビタミンC誘導体化粧水を作れてしまいます。ビタミンC誘導体は普通のビタミンCより酸化しにくいうえに、角層内でビタミンCに変換されるためより効果が期待できます。これを使ってからは毛穴は引き締まりシミも少しばかり薄くなり透明感が出てきました。精製水は1100円位で買えるので、100mlを作ったとしても120円~130円位です。

 

アルガンオイル

定価:1.265(2ヶ月分)

アルガンオイルは万能オイルで、特に髪の毛をしっとりさせるために使っています。これを使うと艶々な髪の毛になれます。また、スキンケアの最後に特に気になる目元につけたり、ハンドクリームの代わりにつけたりと多種多様で使っています。

 

実際みんなスキンケアにいくらかけてる?

若い頃よりはスキンケアにかけるお金にも余裕が出ている方もいれば、結婚して子どもにお金がかかり自分のスキンケアにかけるお金が減ってしまった方もいるでしょう。

実際、毎月どのくらいスキンケアにお金をかけているの気になったので調べてみました。

500円以下

22.4

1.000

24.4

2.000

17.3

3.000

14.3

4.000

4.1

5.000

8.4

10.000

5.3

10.000以上

2.8

引用: https://news.mynavi.jp/

こうして見ると一番多いのが~1.000となっています。このようにプチプラ思考の方のほうが圧倒的に多いことが分かります。

どうしても他にお金がかかってしまい自分のスキンケアにかけるお金がないのが現実なのでしょう。

 

アラフォーの肌トラブルはどんなものがある?

アラフォーともなるとどんな肌トラブルに悩まされるのでしょうか。

個人差はあるもののほとんどの方が感じる年齢からくる肌トラブル。

数年前は無かったシワ・シミなど年齢を重ねれば重ねるほど増えてきます。加齢とともに肌の状態が変わってきたと感じるかたは実に60%。

実際アラフォーの多くが悩んでいる肌トラブルがこちら。

 

アラフォー肌トラブル

シミ

シワ(乾燥小じわ)

くすみ

乾燥

毛穴のたるみ

ほうれい線

たるみ

ハリ不足

 

今は全て当てはまらなくとも今後出てくるかもしれない肌トラブルはこんなにあります。

特に7割の方が悩んでいるのが「シミ」で続いては6割が「乾燥」、5割が「くすみ」となっています。

 

最低限必要なスキンケアグッズ

上記のアラフォー肌トラブルを見ると分かるように、10代、20代では感じなかった肌トラブルが出てくるように。それに合わせて必要なスキンケアも変わってくるのです。

若い時は化粧水だけで済んでいたけど、アラフォーの方がおなじように済ませてしまうと肌の老化がどんどん進み自ら老け顔を作ってしまいます。

アラフォーの方には最低限必要なスキンケアグッズがあります。とはいってもアラフォーだけに限らず若々し肌を保つためには絶対に必要なスキンケアグッズです。

化粧水をつけたら必ず蒸発しないように蓋をしなければ意味はありませんし、年々肌に必要な成分は減少していくため美容液できちんと補給することも大切です。

最低限必要なスキンケア

クレジング

洗顔

化粧水

美容液

乳液orクリーム

必要に応じてオイル

✓UVケア

 

アラフォー これだけは欠かせない成分

年齢を重ねれば重ねれるほど肌に必要な成分というのが存在します。

その中でも必須成分が「セラミド」なのですが、このセラミドは年齢とともに減少していきます。

セラミドとは、水分をつなぎとめてくれる役割がありセラミドが減少すると乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまいます。

肌は本来、外部刺激から守るための機能が備わっているのですが、セラミド減少により「バリア機能」も低下し様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

年齢を重ねるごとに肌トラブルが多くなるのはセラミド不足が原因とされています。

「毛穴」と聞くと若い子、脂性の人が気にするものと思われがちですが、歳を重ねて目立ってくる毛穴はセラミド不足による乾燥のせいなんです。

セラミドが不足することで油分と水分のバランスが崩れます。これが毛穴を開かせてしまう原因なんです。 

 

\セラミドを増やして毛穴を改善するにはこちら/

セラミドの他にもコラーゲン・ヒアルロン酸も年齢とともに減少するのでアラフォーの私たちには必要な成分と言えます。

コラーゲンは肌トラブルから直接吸収させるのは難しいので食事やサプリメントなどで取り込むのが良いです。

その逆にヒアルロン酸は分子が大きすぎて体内で吸収されにくいのでお肌の外側から浸透させるほうが効果的です。

 

アラフォーに必要な成分には多少お金をかける

上記で必須成分を含むスキンケア商品には多少のお金をかけたほうがいい場合もあります。

というのはセラミドやヒアルロン酸の配合されたスキンケア商品で安いものは濃度が薄いものがほとんどです。

そのため効果のほうも期待できません。

私もこればっかりは安いものでは全く潤おわず乾燥してしまい使い物になりませんでした。

基礎化粧品は安いものを使い、セラミド・ヒアルロン酸の美容液は少し良いものを使うなどをすることでバランスがとれます。

私がよくやるのがトライアルを頼み、良かったら美容液だけを頼んだり、安い化粧水と併用したりと少しでも安く済ませるようにしています。

 

\セラミドのおすすめはこちら/

 

\ヒアルロン酸のおすめはこちら/

 

高いもを使うよりスキンケアの順番を重視

高いスキンケア商品を使うより先にスキンケアの順番を間違えないことのほうが大事です。

スキンケアは化粧水・乳液・美容液・アイクリームやら色々あって使い方の順番がいまいち分かってない方も多いのではないでしょうか。

この順番を間違えるとせっかくの効果も半減してしまったり全く効果を果たさないこともあります。

朝・夜別によってご紹介しますので今ご自分が使っている順番が正しいか確認してみましょう。

必ずしも全て使う必要はなく、自分の肌の状態次第でで使うものは皆違います。あくまでも全てを使った場合の順番となりますので、使用していないものは飛ばしてください。

《朝》

1.洗顔

2.拭き取り化粧品

3.ブースター(導入美容液)

4.化粧水

5.美容液

6.シートパック

7.乳液・クリーム

8.アイクリーム

9.オイル

10.UVケア

 

《夜》

1.クレジング

2.洗顔

3.スクラブ・ピーリング

4.拭き取り化粧水

5.ブースター(導入美容液)

6.化粧水

7.美容液

8.シートパック

9.乳液・クリーム

10.アイクリーム

11.オイル

スキンケアの順番が正しくできることでそれぞれの効果も高まりすが、ひとつ間違えてしまうと浸透しなかったり、肌にダメージを与えてしまうこともあります。

これをきっかけに正しい順番でお手入れをして美容効果を高めましょう。

 

まとめ

アラフォーでもプチプラな1.000円以下でも全く問題ないことは分かりましたか。

高いものでも安いものでもベースとなる90%はほぼ同じであることは衝撃的でした。そして有用成分に至ってはどのくらい入っているかさえ分からない。それなのわざわざ高いスキンケア商品を使う気になれません。

ただその中でも必須成分セラミドやヒアルロン酸は多少良いものを使うことで効果も高まります。

全てを高いもの、全てを安いものというよりは上手く使い分けることでバランスがとれます。100円でも満足いくものもあれば高くても効果がイマイチなまのもあるので、プチプラでも自分に合ったスキンケア商品が見つかれば最高ですね。

-スキンケア

Copyright© アラフォーママのスキンケア徹底調査 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.